KASEI トップページへ

・・・日々徒然なる儘に日暮ミシンに向ひて・・・

<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ジーンベイザメ6+争奪戦について・其の参 | TOP |

2015.04.17 Friday

ガーゼシャツが上がって参りました


KASEIと言えばガーゼ!!!

うん。最近では鮫かもですが、ほぼ鮫養殖業ですが。。。敢えてガーゼを主張(笑

個人的に絶対に作り続けたいアイテムの一つにガーゼシャツが有ります。
何だかんだと忙しく(鮫でw)なかなかガーゼシャツに取り掛かれなかったのですが;

今季、2015SSは販売します!
2〜3日内にはKERA SHOP MARIA 広島店さんやHEAVEN 福岡店さん。
そしてKASEI web-shopでも販売開始です♪

御存知の方はもう鬱陶しいくらいに知っているKASEIのガーゼ愛を今一度(笑

加聖自身が意外にも肌が弱いのでKASEIで使用する生地にはかなりの拘りが有ります。
KASEIのガーゼシャツで使用しているダブルガーゼは赤ちゃん用医衣料に使用OKなガーゼです。
日本の厳しいホルマリン残量チェックをクリアしたガーゼな訳です。
なので大人でも安心してお召し頂けます。

ただ、

安心・安全を買う分、生地単価もそこそこにお高い(笑

でも、

コスト計算する前に12000円って言っちゃったので販売価格は12000円(税別)です。
番頭さん曰く15000円以上の販売価格じゃないと会社としてはNGなコストだったようでw
まぁ、後先考えずに言っちゃったんだから仕方がないです。
責任は加聖が取りますって(笑

そんな大安売りなガーゼシャツ。
正式名称は【Gauze Shirt Goldfish (float in moonlight)】
月影に浮かぶ金魚です。
でも、店頭に並ぶ店舗用下げ札には番頭さんが略しまくった「ガーゼシャツ金魚」と。

ガーゼシャツ金魚。

   ・・・ガーゼシャツ金魚かぁ;

この時点で社内では「ガーゼシャツ金魚」と呼ばれるに違いない(泣
アナーキーはちゃんとアナーキーって書いてくれてたのに何故、ゴールドフィッシュは金魚なんだ!!!

で、その金魚なんですけどねw
プリント技術のすっっっごい職人さんと出会っちゃったんですよ!
知る人ぞ知る的な場所でそこにプリント屋さんが有るのを知らない人の方が多く、
口頭の説明では辿り着くのも困難な場所に居たんです!!
コンマ数ミリのプリントをスクリーン印刷出来る職人さん♪

Illustratorのデータ(版下イラスト)だけ渡して
「大体、この位の大きさ・こんな感じの色・プリント位置も良い感じの位置にお願いします。」

結果、超アバウトな指示でパーフェクトなプリントが上がって来ました。
素晴らしい♪

そしてOW&天日干し。
退廃感をプラスしてからの販売にしたい為、KASEIのガーゼシャツは必ず加工場さんに出しています。

この加工場さんも今季、ガーゼシャツを知っている・着ていた先輩が加工場の息子だった事に今更ながら思い出した!
リアルに着ていた人ならば解れ具合の細かな指示も不要じゃね?
なんて目論んで先輩に電話。

「いつも違う加工場さんに出してるんだけど、ガーゼシャツだけお願い!!!」

そう。とっても失礼な話です(笑
でも、流石は先輩。
快く請けてくれて、細かな指示せずとも求める解れ具合を完璧に出してくれました♪

そして太番手の糸を用いての縫製は加聖自ら。

色んな分野でのスペシャリストが集結した今季のガーゼシャツ金魚。
是非、店頭で触れて心地良さを感じてください。
プリント線の繊細さを見てください。
(KASEI web-shopでは触れる事は出来ませんが;)
そして、迎え入れてくだされば幸いです。





其れではまたノシ







 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.kasei-k.net/trackback/997660

トラックバック

▲top