KASEI トップページへ

・・・日々徒然なる儘に日暮ミシンに向ひて・・・

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 畳縁鮫(Tatami-Beri Shark)が出荷されました! | TOP | 魚群!休憩中にちょっと遊んでみた。 >>

2013.10.22 Tuesday

畳縁鮫(タタミベリザメ)について。


KERA SHOP MARIA 広島店さん
KASEIの入居する倉敷市児島産業振興センター
児島ジーンズストリート・ダニアジャパンさん

の各店で販売中の畳縁鮫。
多分ですが、児島内のホテルのお土産物売り場にも並んでいる筈w
KASEI web-shopでも間も無く販売出来る体制です。



其の前にw
web-shopには記載予定ですが、
畳縁鮫は下記のような分類と成っております。
御一読を(笑





分類:ジーンベイザメ目タタミベリザメ科
学名:TATAMI-BERI SHIRK
和名:畳縁鮫

生息域:倉敷市児島に生息し、日本国内及び世界各国を回遊する。

生態:スマートフォンや携帯電話・煙草や小銭入れ等々、口内に収まる物であれば何でも節食する。
    性格はいたっておとなしく、人が接近しても身に付けていても危険は無い。
    色柄がとても多く、其の種類は把握しきれていない。

飼育:リング(カラビナ)をバッグやベルトループに装着しお供に連れ歩く事が可能。
    収納物の落下防止の為、口部に附いている2段階の留め具いずれかを使用する事。
    どのような気温・気候でも可能であるが、腹がデニムであるがゆえに白物との相性には気を付ける事。


和室に存在する畳。
其の畳を彩る畳縁(たたみべり)の80%は児島で生産され、其の種類は数千にも及びます。
同じく児島で古くから主要生産品であった真田紐をプラス。
和のテイストにデニム生地を組み合わせ「倉敷市児島」を集約したKASEIの畳縁鮫です。



お楽しみに♪





其れではまたノシ






コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.kasei-k.net/trackback/997616

トラックバック

▲top